HOME > 利用案内
利用案内


利用案内 PDF版
試行的な大学院生の貸出規則変更(2022年3月14日)

写真で見る名経大図書館
(MP4版 10MB , 3MB)

利用案内
資料の探し方
学外の皆様へ
資料のご寄贈について
Q&A

■ 利用案内

開館時間・休館日入退館貸出・返却各種サービス利用のマナー

● 開館時間・休館日
● 入退館

● 貸出・返却

貸出冊数及び貸出期間
貸出冊数 貸出期間
大学生 10冊 14日
大学院生 20冊 30日
教職員 50冊 90日
卒業生・旧教職員 10冊 14日
学外の方 5冊 14日

↑このページのTOPに戻る

● 各種サービス

マイクロリーダープリンターを利用したい場合は、カウンターへ申し込んでください。 メディアコーナー(2F)
● 利用のマナー
↑このページのTOPに戻る
館内、吹抜け
■ 資料の探し方

名古屋経済大学図書館においての資料の探し方をご案内します。

資料を探す前に本学図書館にある資料を探す資料の入手方法

● 資料を探す前に
↑このページのTOPに戻る

● 本学図書館にある資料を探す
蔵書検索で探す
  1. 蔵書検索の使い方
    ◇検索画面には、「簡易検索」と「高機能検索」の2つの画面があります。「簡易検索」はキーワードのみのシンプル検索。「高機能検索」は、資料の種類やキーワードを複数の書誌の項目などから選べるなど高機能になっています。
  2. 検索対象
    ◇図書の場合:資料形態や言語など、ジャンルや種類で分類されています。例えば、日本語資料だと言語の区分が日本語、というように絞り込むと目的の資料に早く辿り着くことができます。
    ◇雑誌の場合:検索対象の「雑誌マスター」にチェックを入れて、検索項目のプルダウンから「タイトル」を選択し、キーワードに雑誌名を入力します。検索開始ボタンをクリックすると検索を開始します。

● 当館にある場合 ● 当館にない場合
当館に所蔵していない資料は以下の方法で入手できます。 → 資料の取り寄せ
  1. 他の機関から借りる
    ◇図書館間の相互協力によって、他の機関から図書を借り受けたり、資料の複写依頼をすることができます。コピー代金、送料等は実費を負担していただきます。なお、借り受けた資料については館内でご利用ください。
  2. 所蔵館に直接行って閲覧する
    ◇他の機関で図書を閲覧するには「紹介状」が必要です。1階カウンターで「紹介状」を発行しますのでお申込みください。
↑このページのTOPに戻る

■ 学外の皆様へ

名古屋経済大学図書館では、地域の皆様をはじめ、学外の方にもご利用いただけます。

【当館を利用できる方】
高校生及び16歳以上の方

【利用手続き】
一般の方
犬山市在住で犬山市立図書館カードをお持ちの方

【開館時間・休館日】
開館日カレンダーをご確認ください。

【ご注意】
本学の教職員・学生と、利用できる資料・設備等の範囲に差異がありますことを、ご了承ください。
その他利用にあたっての注意事項はこちらをご覧ください。

一般の方

● 登録手続
1階受付カウンターで利用登録をしてください。利用証を発行いたします。
[登録時に必要なもの]
・本人確認のできる証明書(運転免許証、健康保険証、学生手帳など)
・印鑑
・写真1枚(縦3.5cm×横3cm、上半身、正面向き、背景のないもの)
・利用証登録料1000円
※下記ファイルを印刷・記入したものをご持参いただいても結構です。
図書館利用証発行申込書(PDFファイル) ・利用証の有効期限は登録手続日から5年間です(更新可)。
・利用証を紛失・破損したり、連絡先が変わった場合は、直ちにお知らせください。

● 入退館

利用証を入館ゲートに通してお入りください。
お帰りの際は、退館ゲートをお通りください。

● 貸出冊数及び貸出期間

5冊 14日間

↑このページのTOPに戻る

犬山市在住で犬山市立図書館カードをお持ちの方

● 登録手続

1階受付カウンターで利用登録をしてください。
[登録時に必要なもの]
・犬山市立図書館カード
・本人確認のできる証明書(運転免許証、健康保険証、学生手帳など)
※当館での利用期限は登録手続日から5年間です(更新可)。

● 入退館

1階受付カウンターで犬山市立図書館カードの提示・入館時刻をご記入ください。図書館員が確認の上、入館ゲートを開けます。
お帰りの際は、退館ゲートを通過後、1階受付カウンターで退館時刻を記入してからお帰りください。

● 貸出冊数及び貸出期間

5冊 14日間
↑このページのTOPに戻る

■ 資料のご寄贈について

・本学教員の方へ
図書館では、学生、及び一般市民の方に広くご利用いただけるよう、本学教員著作物の網羅的な収集を目指しております。新しい著作、または過去の著作で図書館に所蔵されていないものは図書館にご恵贈いただけますと幸いです。何卒ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

■ Q & A

名古屋経済大学図書館に寄せられるよくある質問をご紹介します。

● 図書館の利用に関する質問と答え
図書館に入館するにはどうするのですか?
入館ゲートで学生証及び利用証を読み込ませ、ゲートのロック解除を確認し通過してください。


学生証を忘れてしまったのですが、図書館に入ることはできますか?
入れます。1階カウンターにその旨お知らせください。確認の上、ゲートを開けます。学生証がなければ貸出ができないので、図書館を利用する際は必ず学生証をご持参下さい。


卒業後、図書館を利用することはできますか?
はい、本学の卒業生や学外の方でも図書館のご利用は可能です。
詳しくは学外の皆様のご利用についてをご覧ください。


図書を借りるにはどうすればいいですか?
1階カウンターで貸出票を受け取って返却期限日を確認してください。カウンターの館員に、借りたい図書と学生証もしくは利用証を提示してください。


上限何冊まで、何日間借りることができますか?
学部・短大部学生の貸出冊数は10冊、貸出期間は14日以内です。
詳しくは図書館の利用方法をご覧ください。


雑誌を借りることはできますか?
雑誌の貸出は行っておりません。館内での閲覧、部分的な複写のみ可能です。


音楽CDやDVDを借りることはできますか?
視聴覚資料の貸出は行っておりません。2階メディアコーナーでのみ視聴が可能です。1階の受付カウンターにて視聴覚資料利用の申込みをしてください。


貸出期間の延長はできるのですか?
期限内に読みきれなかった場合や長期貸出については次に予約者がいなければ継続してご利用できます。詳しくは1階カウンターににお尋ねください。


借りた図書はどこで返せばいいのですか?
1階カウンターに返却してください。直接書架に戻すと、データが貸し出した状態のままになってしまいますので、必ず返却カウンターに返し、館員の確認を受けてください。


返却期限までに返さないと罰則があるのですか?
罰則はありません。但し、1冊でも延滞図書があれば貸出できません。返却期限日を過ぎて督促を受けた場合、通信費は利用者負担になります。


貸出中の図書を次に借りたいのですが、予約できますか?
利用したい資料が貸出中の場合、予約をすることができます。自分で予約するか、1階カウンターへ申し込んでください。


資料の探し方が分かりません。
資料の探し方をご覧ください。 また、本学で所蔵している図書・雑誌はホームページの【蔵書検索】で検索することができます。
はじめての方は蔵書検索の使い方をお読みください。

↑このページのTOPに戻る


● 館内施設に関する質問と答え
文献のコピーはできますか?
著作権のルールの範囲内で、図書館資料のコピーを取ることができます。開架閲覧室3階のコイン式コピー機、4階のカード式コピー機をご利用ください。


メディアコーナーはどうやって利用すればいいですか?
メディアコーナーの利用の際は1階受付カウンターにて受付をしてからご利用ください。


インターネットは利用できますか?
1階受付カウンターにて受付をしてからご利用ください。


閲覧個室やグループ閲覧室を利用するにはどうしたらいいですか?
閲覧個室・グループ閲覧室の利用の際は1階カウンターにて受付をしてからご利用ください。※閲覧個室〔教職員・院生のみ利用可〕※グループ閲覧室〔短大部・大学部学生も3人以上でカウンターで申込すれば利用できます。〕


図書館内で飲食はできますか?
館内での飲食は、ふた付飲料のみ可能です。入口手前にある所定のコーナーでは、軽食をとることができます。
↑このページのTOPに戻る


Copyright (c) Nagoya University of Economics Library